要支援(1〜2)と判定されたら

【在宅】介護予防ケアプランの作成

まずは地域包括支援センターへ。

要介護認定で「要支援(1~2)」と判定された場合、介護予防サービス(予防給付)を受けることができます。

介護予防サービスを受けるには、地域包括支援センターで「介護予防ケアプラン(介護予防サービス計画)」を作成してもらう必要があります。

●介護予防サービス利用開始までの流れ



介護予防サービスは「予防」が目的。

介護予防サービスは、生活機能の向上によって要介護状態の改善や状態の悪化を防ぐこと、つまり「予防」を目的としたものです。

介護予防ケアプランの作成にあたっては、どう予防するのかについて「目標」を設定し、それを達成するためのサービスメニューを検討していくことになります。

【在宅】訪問介護の利用については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク