介護用語集【ヤ行】

ユニットケア

ゆにっとけあ

特別養護老人ホームなどにおいて、個性を尊重するために施設の部屋を10人程度のグループに分け、それぞれを一つのユニット(生活単位)とし、ユニットごとに食事や入浴、施設内の行事などの日常生活を送ることで、少人数の家庭的な雰囲気のなかで生活をともにしながら個別にケア(介護)すること。介護付有料老人ホームでもユニットケアを導入する施設が増えている。

ユニバーサルデザインについては、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク