介護用語集【サ行】

褥瘡

じょくそう

一般的には床ずれと呼ばれている。身体の骨突出部で皮膚や皮下の組織が自分の体の重さで圧迫され、局所の血流が遮断されるため組織が壊死に陥り、皮膚潰瘍を生じたもの。

圧迫が同じ場所にかからないように、定期的に体位変換を行うことや、除圧マットの利用、栄養管理、皮膚の清潔などによる予防が必要。

ショートステイについては、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク