介護用語集【ラ行】

老人性白内障

ろうじんせいはくないしょう

眼球内の水晶体が濁ってくると光が眼底に入る前に散乱されて、網膜に像を結ぶ働きが弱くなり、かすんで見えるようになる。老化に伴い、水晶体が白濁することを老人性白内障と言う。かすんで見える、まふしくなる、暗くなると見えにくくなる、などの症状がある。

老人性認知症疾患療養病棟については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク