介護用語集【ラ行】

留置カテーテル

りゅうちかてーてる

排尿困難があり、おむつやそのほかの方法では問題が生じる場合に、カテーテルを尿道から挿入して留置すること。

尿閉、尿失禁などの排尿障害のために頻回に導尿を行う必要がある場合、前立腺肥大、膀胱頚部疾患、尿道狭窄、外傷の際に用いられ膀胱から尿流を確保するため、手術後の安静を保つ場合などに行われている。ただし、留置期間をできるだけ短くし、自然排尿による排尿自立の訓練が重要となる。

流動食については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク