介護用語集【ナ行】

寝たきり老人

ねたきりろうじん

身体の障害により常に寝たきりの状態で、6カ月以上にわたり、日中もベッド上での生活が主体である高齢者のことで、全国で約100万人と推定されている。

長期に寝たきりの状態であると、仮性認知症、自発性の欠如、発汗や不眠などの身体症状、抑うつ状態、妄想や幻覚など、精神的な障害を起こしやすくなる。日本の寝たきり老人の90%は、実際には起きて生活できるとされており、寝たきり予防には寝かせきりにしない配慮が必要。

脳血管性認知症については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク