介護用語集【ナ行】

認知症対応型共同生活介護

にんちしょうたいおうがたきょうどうせいかつかいご

要介護者で認知症(痴呆高齢者)の人が5〜6人集まり、グループホームで共同生活を営むこと。食事や入浴、排泄など日常生活の介護、機能訓練(リハビリテーション)を行なう。

自然な環境で生活することで痴呆が改善すると言われているため、通常の住宅や民家などが利用されることもある。

寝たきり老人については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク