介護用語集【マ行】

まだら認知症

まだらにんちしょう

脳機能が全体的に低下するのではなく、部分的に脳機能が障害されるため正常な部分と痴呆の部分ができ、低下する機能としない機能が混在する状態。

知能の侵され方にムラがあることからまだら痴呆と呼ばれている。脳血管性痴呆の際にみられやすい症状で、記憶についての障害が著しいわりには、人柄や判断力、理解力が比較的保たれているのが特徴。

ミキサー食については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク