介護に役立つ情報を調べる

介護用語集

戻る

老人性白内障

ろうじんせいはくないしょう

眼球内の水晶体が濁ってくると光が眼底に入る前に散乱されて、網膜に像を結ぶ働きが弱くなり、かすんで見えるようになる。老化に伴い、水晶体が白濁することを老人性白内障と言う。かすんで見える、まふしくなる、暗くなると見えにくくなる、などの症状がある。

おやろぐ
親ケアでんき