介護に役立つ情報を調べる

介護用語集

戻る

ゴールドプラン21

ごーるどぷらんにじゅういち

国が策定した高齢者保健福祉計画のことで、新ゴールドプランが1999年に修正され、「ゴールドプラン21」として策定された。介護サービス基盤の整備、認知症高齢者支援対策の促進、元気な高齢者づくり対策の促進、地域支援体制の整備、利用者保護、社会的基盤の確立、の6つの方針が立てられている。2000年を初年度とした5か年計画で、3年ごとに見直しが行われる。

おやろぐ
親ケアでんき