介護用語集【ハ行】

反射性尿失禁

はんしゃせいにょうしっきん

膀胱に尿が貯まっても、脊髄損傷などによる上位感覚神経の障害があるために、尿意が大脳まで伝達できなくなって生じる失禁。

腹圧性尿失禁については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク