介護用語集【ハ行】

バリアフリー

ばりあふりー

障害者の社会生活上での障壁(バリア)となるものを除去するという意味で、国連障害者生活環境専門家会議が「バリアフリーデザイン」という報告書を出した頃から、この言葉が使用されている。

建物内の段差の解消など、物理的障壁の除去という建築用語的な意味合いが強いが、障害のある人の社会参加を困難にしている社会的、制度的、心理的なすべての障壁の除去、という意味でも用いられている。

反射性尿失禁については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク