介護用語集【ア行】

遺族年金

いぞくねんきん

遺族年金には、「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」の2種類がある。遺族基礎年金は国民年金の一部で、遺族厚生年金は厚生年金保険の一部。

いずれも被保険者が死亡したとき一定の条件をもとににその遺族に支給される年金である。

委託施設については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク