介護日記・二人の父の雑記帳 第201回〜

【第227回】イズさんも認知症らしい(2007年4月9日)

昨日4/8(日)、イズさんのホームへ行きました。
ホーム長さん、管理担当の介護職の方と面談しました。
最近、イズさんのことでちょっとした出来事があったのですが、その話かと思いきや…。
イズさんの最近の様子からすると、どうも認知症の始まりらしいとのお話でした。
介護職の方が、イズさんの認知症を疑った言動の具体的な話をしてくださいました。
日付の観念、何度も念を押したことを忘れている、その他の言動から判断されたようです。
ちょっと微妙な感じではありますが、やはり変です。
私も最近のますます思考回路が壊れ気味で、無意欲なイズさんを見て、もしや??と思っていたのですが…。
ホームの介護職の方から見てもそうなら、やはり!!

5月がイズさんの誕生月なので、誕生月の健康診断だと言って、近いうちに認知症の専門病院に連れて行こうと思います。
イズさんのホームからタクシーで行ける範囲に、大きな専門病院があるので、ホームの担当医と相談して、ここに連れて行こうかな。
とうとう、イズさんも…か。
まだ判断がついたわけではないですが、タクさんの認知症に永年連れ添ってきた経験もありますし、イズさんの場合義父という立場ですし、驚いたり悩んだりはなく、全く冷静で、それは実の息子である夫もそうでした。

【第228回】日曜も利用したデイサービス(2007年4月11日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク