介護日記・二人の父の雑記帳 第201回〜

【第207回】タクさんの老健見学の頃(2007年3月8日)

以前書きましたが、タクさんはデイとショートで利用していた同じ法人の特養に早くから入所申し込みをしていて、そこが第一希望でした。
しかし、私と共に父の介護に当たっていた弟が心身共に疲れ果て、特養の順番が来るのが待ち遠しくなって来た頃、他の施設探しも始めました。
第一希望の特養に入るまで、待機期間を過せる場所としての施設でした。
まず、老健なら1カ月から数カ月待ち程度で入れるのでケアマネさんに勧められました。
でも、認知症に合わない気がしてあまり乗り気にはなりませんでしたが、見学だけはしました。
どこも我が家から自転車で行かれる近さです。
とにかく通って面倒を見るには近くなければ!!

◆老健A
イズさんが1年半入っていた老健。
近くに市内でも有名な救急の脳神経外科(入院可)が併設。
老健としての雰囲気は申し分なく良かった。
四人部屋中心だが、居室は広々伸び伸び。施設全体も明るく伸び伸び。
タクさん入居の特養に近いため、その特養待機で入所している人が多い。

◆老健B
私が先日面接を受けた老健。
タクさんが昨年誤嚥性肺炎で入院していた病院併設。
老健A程、伸び伸び感はなかったが、評判は良い。
イズさんの老健入所の申し込みの問合せを2度(期間を空けて)したが、いずれも満員で申し込みは受付られないと断られた。
そんなのあり??どこだって満員で、順番待ちするのが普通だから、申し込み受付ぐらいするのに。

◆老健C
タクさんが亡くなった救急病院併設。
ここは、イズさんの入所申し込みもしていた。
相談員さんも感じが良く、申し込み後の詳細連絡など良くやってくださった。
老健A程施設に広々感はないけれど、雰囲気は悪くない。

以上、3カ所を見学しました。
主に今から4年位前のことです。
どれも進行した認知症のタクさん向きには思えませんでした。
現在は変わったかもしれませんが、老健は認知症のフロアが、殺風景で病院みたい。
四人部屋中心というのも、タクさんにはダメかも?
人の物と自分の物の区別などがつかない状態で、他人と一緒の部屋だと人に迷惑をかけそうでしたから。
老健は重度の認知症は歓迎されない雰囲気がして、タクさんに合いそうもありませんでした。
結局、タクさんの場合は老健は見学だけで、申し込みはしませんでした。
老健は洗濯物は家族がするのを原則にしている施設が多いです。
施設によっては洗濯代を払って洗濯業者に出せるところもあります。
次回は、特養やグループホームの見学記を予定しています。

【第208回】施設入所の費用(2007年3月10日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク