介護日記・二人の父の雑記帳 第151回〜

【第172回】認知症中期のタクさん(夜の徘徊)(2007年1月17日)

今日はタクさんの2度目の徘徊のことです。
こんな風に何回目と言える程度で、父の徘徊の数はあまり多くありませんでした。
なぜなら、徘徊防止のため、デイに行く回数をこの頃からどんどん増やしたからです。
私が一日中父を見守っているわけにもいかなかったからです。
2回目の徘徊は最初の徘徊から3日後の2002年3月16日(土)でした。
記録を取ってあったから書けるのです。
そうでないと5年近く前のことなど、「タクさん他認知症一族」の血を引く私には、いちいち覚えていられません(笑)
<注>タクさん他認知症一族
私の父タクさん、父の姉、父のすぐ下の弟(つまり私の叔父、伯母)は、皆認知症なのです。伯母はすでに亡くなりました。
私の母方の祖母も認知症でした。

この2回目の徘徊は、私が他県の親戚の結婚式に泊りがけで出かけている時に起きました。
出先で弟から連絡を受けて、何もしてあげられなくて心配でたまりませんでした。
徘徊の内容については父と同居の私の弟から聞いたことです。
私が泊まりがけでいないので、弟が仕事から帰ってくるまでの間に父は出て行ってしまったのです。
土曜日なので引き止め役のマンションの管理人さんはいなかったのです。
弟の仕事がいつもより遅くなり、父に夜6時半過ぎに電話をしたところ出なくて、夜8時頃帰宅したら思った通りいなかったようでした。
細かいことは忘れましたが、父が歩いているのを車で通りかかった30代のご夫婦が、父を何度も見かけるので気になって声をかけてくれたようです。
夜だったし、このご夫婦のお陰で大事に至らずに済みました。
そのご夫婦が警察に連絡して下さって、父が名前を名乗ったのでしょう。
父が住んでいたマンションは、認知症になってから越してきたので父は住所を覚えていませんでした。
持ち物に住所や電話が分かる物を持っていたかどうか?それも定かではありません。
弟が迎えに行ったとき、父は呆然として、何が何だかわからなかったようです。
前日頃から足首のむくみがあって痛がっていました。
今回の徘徊の後、疲れて足が痛いと言ったそうです。
暗くなっても歩いていたので、不安もあったでしょう。
父がどのくらいの時間、どこをどう歩いていたのか結局分かりませんでした。
電話した時父がいなかった時間から考えても、少なくとも1時間半は徘徊していたはずです。
翌朝、37度程度の熱があったようでしたが、元気でいつもと変わらなかったようです。
そして、またまた父はその数日後、今度は目的のはっきりした?徘徊をしてしまいました。

【第173回】その気になればできるもんだ!!(2007年1月20日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク