介護日記・二人の父の雑記帳 第151回〜

【第161回】タクさんの防寒対策【認知症以前】(2007年1月6日)

今年は今のところ暖冬みたいで助かります。
それでふと思い出しました。今は亡きタクさんの防寒対策を。

認知症になる前のタクさんの防寒対策。
主に肌着について。
痩せ型で、かなり寒がりなので、まず厚着する。
厚手のラクダの、またはそれに準じるウール素材やキルティング素材などの股引(ももひき)を履くのは必須。
年配男性ご愛用のU首シャツも同様な素材のものを着る。
それだけでも寒い時は、それらの下に通常のメリヤス素材の肌着と重ね着する。
それでも寒いと、キルティングのベストも着る。
でも、腹巻はしない。
しかし、かつて腹巻をしていたこともありました。
タクさんは昔から胃腸が悪く痩せ型で、お腹の冷え防止。
それと泥棒さんに財布を取られないように、腹巻に財布を入れていたことが…そんなことはありません(笑)
でも、何のためか知りませんが、腹巻をしていた時期がちょっとありました。
その頃、持病の胃腸のためにおへそにお灸をしていたことがありました。
それで腹巻をしていたような気がします。

家にいる時は暖房をするよりも厚着。
綿入りの作業用ジャンパーなども家の中で平気で着込みます。
靴下も毛玉ができる厚手の靴下。
外ではダンディーに?していたタクさんですが、冬の家ではこんな状態でした。
この頃、まだ「ダウン」のような軽くて暖かい素材はあまり一般化されていませんでした。
寝る時は厚手の布団を重ねることは勿論ですが、かいまき布団も使います。
なんかこれ、田舎っぽくて恥ずかしかったです。
別に家の中だけのことですが、私は恥ずかしかったです。
「かいまき」とは、綿入れ半纏(はんてん)を長くしたようなものです。
田舎の母方の祖母宅に冬泊まると、必ずこの「かいまき」なので嫌でした(笑)
その後、認知症になると防寒対策は変わりました。
認知症の防寒対策については、またまた長くなりそうなので次の機会にします。

【第162回】タクさんの防寒対策【認知症発症後】(2007年1月7日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク