介護日記・二人の父の雑記帳 第1回〜

【第10回】タクさんの病歴と経過 その1(2006年7月18日)

[介護保険利用以前]

T10年(1921)2月生まれ

S19年(1944)頃  中国内陸部戦地、野戦病院にて「ぢ」手術 23歳

S46年(1971)春  「胃・十二指腸潰瘍」手術 胃の2/3位を切除 50歳
            その後経過良好

S52年(1977)頃  「肋骨骨折」入院 家で踏み台から落下のため 56歳

S57年(1982)暮  妻と死別(妻53歳) 61歳

S63年(1988)春  「大腸ポリープ」手術 67歳

S63年(1988)頃  「前立腺肥大」通院 67歳

H05年(1993)頃  「認知症」発症 72歳
            酒ばかり飲み、日中ボーッとしている(同居長男報告)
            えすえから金を借りる 悲観的言動
            クレジットカードの異常出費
            介護のため、えすえ宅近くに引越しを勧める
            猛反対後折れ、家を売却 父と長男引越し決定
            (父宅は電車で約3時間、直線約80km離れていた)

H06年(1994)夏  同居独身長男と共にえすえ宅近くに引越す 73歳
            引越し荷物にどくだみ茶の未開封箱異常に多量有り
            以後、長男日中仕事で不在のため、えすえ、ほぼ毎日通い介護(自転車で片道10分)
            外出、通院付添いも共にする
            物盗られ妄想 物を無くす 同じことを繰り返し言う
            今のことをすぐ忘れる

H06年(1994)夏  「足のむくみ」(貧血が原因)検査治療のためF病院通院 73歳



H06年(1994)秋  「貧血改善と検査」のためF病院入院(約2週間) 73歳
            入院時、徘徊、失禁有り、帰宅願望 退院後は失禁なし
            入院時同室者に迷惑をかけ、個室に移される
            以後、定期的にF病院内科に検査治療通院
            好きな酒を止めさせる  簡単な家事はまだできる
            「頭がバカになっちゃった」「首くくって死にたい」とよく言う

H08年(1996)夏  「貧血改善」のためF病院再入院(約1カ月) 75歳
            入院時、徘徊、失禁有り、帰宅願望で個室
            退院後は失禁なし

H09年(1997)冬  歯科治療、以後定期的にO歯科通院 76歳
            まだたまに一人で近所に買物に出るとこもあった 
            電子レンジ、テレビなど、簡単な家電使える


H09年(1997)夏  「水虫」治療通院I皮膚科 76歳

H11年(1999)夏  最愛の実姉の死(82歳)もよく理解できない 78歳

H11年(1999)秋  高熱「急性気管支炎」でF病院呼吸器科緊急入院(12日間) 78歳
            入院時、徘徊、失禁有り 退院後は失禁なし

H11年(1999)秋  えすえと外出中迷子に(最初の本格的徘徊) 78歳
            3時間後、えすえ宅に先に一人で来て途中の記憶なし

【第11回】シンポジウム「ユニットケアの明日を考える」(2006年7月20日については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク