介護日記・二人の父の雑記帳 第1回〜

【第8回】タクさん語録 その1 (2006年7月16日)

機嫌が良かった本日(7/15)の特養のタクさん。

「周りの者がちゃんとやっておかないと…」
「周りの者が気をつけていないと…」
「自分のことを考えて…」
「ねぇ、婆さん。一緒に行きましょう!みんな一緒だと良くなりますよ!」←言った父の視線の先には誰もいないのに。
「そういうことね」
「私も……いい加減だと思うことがあるんですよ」
「それを野郎どもが…」
「あの連中が…」
「そんなこと言っちゃダメだよって」

「婆さん」以外は、なんだか身に沁みる言葉ばかりです。

【注】「野郎ども」「あの連中」
昔から父が嫌っていた某関係者達のこと。
数年前までは、言うときは本気で怒って言っていた。
今はめったに言わなくなり、私が「野郎どものこと、お父さん嫌いだったもんね」と笑顔で言うと、父も苦笑いする。

【第9回】洗濯物(2006年7月17日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク