「社会福祉士たにこが行く」第351回〜

【第400回】ホットドッグ(2011年5月9日)

グループホームで皆さんと一緒にお昼ごはんをいただきました(もちろん料金を払いました)。

この日のメニューは「ホットドッグ」。珍しいメニューだったのか「なんで今日は豪華なん?」などとおっしゃっている利用者さんもおられます。さて食事が始まると、予想外の光景が繰り広げられました。
Aさんは、いきなり逆さに持ってソーセージ落下。
Bさんは、いきなりホットドッグにお箸を刺した。
Cさんは、いきなり分解し始めて、パンと具を分別。
Dさんは、いきなりお箸でソーセージだけをつまんでお口へ。その後パンもお箸でお召し上がりに。

なかなか個性あふれる食事光景でした。スタッフさんも、うるさくアレコレ言わずに優しくおだやかに対応されています。それぞれの食べ方で、皆さん完食!でしたよ。ホットドッグとコロッケドッグと、ゆで卵1個と、ごぼうサラダにミルクコーヒーを完食ですよ!? スゴイと思いました。そこのグループホームはマンツーマンでお散歩にでかけたり、さまざまな工夫でカラダを動かしているので、いい具合におなかがすいているのだろうなと思いました。

もちろん私も完食です。おいしかったです。ごちそうさまでした。スタッフさんの愛情が感じられる食事風景でした。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク