「社会福祉士たにこが行く」第351回〜

【第363回】子どものことが(2011年2月10日)

認知症のAさんを介護している妻さんから聞いたお話です。ついさっきのことも忘れてしまって、ひとときも目が離せないAさんなのですが、必ず毎日おっしゃることがあるそうです。それは子どもさんのこと。

もうとっくに結婚して、別世帯で生活されている子どもさんたちのことを「○子は今日は出かけたのか?」「○男は今日はゴハンはいらんのか?」…などと必ず毎日尋ねられるのだそうです。

Aさんは常に“おとうさん”で、いつまでもお子さんのことがご心配なのですね。

【第364回】金属片(2011年2月12日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク