「社会福祉士たにこが行く」第351回〜

【第357回】背が高い(2011年1月26日)

一人暮らしのAさん宅に伺うと、壁に掛かっている時計が止まっていました。尋ねると「自分では替えられないから、子どもが来てくれるのを待っている」とおっしゃいます。とは言え、子どもさんもお仕事でお忙しいし、いつになるやら判りません。

「私で良ければ替えましょうか?」と言うと(これが事務所に電話がかかってきて「時計の電池を替えに来て」と言われたら、うーん…と悩むところですが、訪問時にたまたまこの状況であれば、これくらいは普通するでしょう。この“これくらい”の範疇がケアマネによって違っていて「どこまでがケアマネの仕事!?」なんていう深い議論に展開したりもするのですが、その議論は今日はさておき)、「無理無理。届かないわよ」とおっしゃいます。

ふふふ。私、背が高いんです。ほーら、届いたでしょう??電池を替えると、無事に時計も動き出しました。良かった良かった♪

背が高いって言ってもたかだか163センチなんですけど、ご高齢の方から見れば「たいそう背が高い」部類になるらしく、「背が高いと便利ね~」とは良く言われます。背がそこそこ高いことにメリットがあるとは思ってませんでしたが、まぁ、こんな形でお役に立てるなら何よりです。

【第358回】違いますよ(2011年1月27日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク