「社会福祉士たにこが行く」第351回〜

【第356回】出してくれるのは(2011年1月25日)

団地の3階(エレベーターなし)に住むAさんは、今月「ゴミ当番」です。ゴミの日に、カゴやネットを準備したり片付けたりします。80代で要支援のAさんにとっては負担が大きいのですが、1カ月だけのことだし、なんとか頑張るとおっしゃいます。

ゴミの日の前日夕方にカゴを出すのですが、それが思わず方向でお手伝いいただけることになりました。それは「新聞やさん」です。

Aさんがおっしゃるには、ある日の夕方、翌日のためにカゴを出していたところ、夕刊配達の方がちょうど通りかかたそうです。その方は、もう何十年ものなじみの方とのこと。ゴミ当番のことを話すと「だったら、今月は夕刊配達の時に出しておいてあげるから」と言ってくださったそうなのです。

大阪万博の頃に入植された方々が作り上げてきたニュータウンの、コミュニティの底力を見せられたひとこまでした。

【第357回】背が高い(2011年1月26日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク