「社会福祉士たにこが行く」第351回〜

【第352回】ヤル気スイッチ(2011年1月19日)

「べっぴんさん大好き」な男性Aさんの訪問調査の日。私は調査に同席するために先にAさん宅にお邪魔していました。Aさんは「調査員さんはべっぴんさんかな」と待ちかねておられます。

「私もどなたが来られるのか知らないんです。だから、べっぴんさんかどうかの保証は出来かねまして…」などと言いながら、内心「べっぴんさんだったら、Aさん張りきっちゃうな~。意気消沈するくらいのキレイ度の調査員さんの方が良いかも」などと失礼なことを考えてました。

そうこうするうちに、ピンポ~ン♪ 調査員さん到着。はい。Aさんお喜びのべっぴんさんでした!Aさん、ヤル気スイッチ全開です!いつもは家族さんが四苦八苦している寝返りも、起き上がりも、立ち上がりも、誰の手も借りずに一人でできちゃった!

それは喜ばしいことではあるけれど、認定調査となると「いつもの様子」を調査員さんに伝えなければ。いつもは、寝返りも、起き上がりも、立ち上がりも、家族さんがどれだけ大変な介護をされているかを皆で主張したのでした。Aさんのヤル気スイッチが日頃からオンになるためには、一体どうしたら良いのかしらね…。

【第353回】元気になったのに喜べない?(2011年1月20日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク