「社会福祉士たにこが行く」第251回〜

【第269回】絹!?(2010年5月19日)

訪問入浴のZ事業所さんとAさん宅を訪問しました。まずは来週にお試し(無料)で訪問入浴を体験してから、今後引き続き利用するかを検討することになりました。Aさん自身は意思表示ができませんので、ご家族さんたちとのお話し合いでした。

さて、このZ事業所さんは、さまざまなセールスポイントがあるのですが、その一つが「シーツの無料レンタル」。訪問入浴のたびに、無料でシーツを交換してくれるというものです。そのサービスについて、Zさんが説明を始めました。「もし良ければ、絹100%のシーツを無料でレンタルさせていただきます。訪問のたびにお取替えいたします」

…えっ?絹!?絹100%のシーツ!? 私の頭の中には、シルク100%の、昔話にでてくる西洋のお姫さまがベッドでまとっているような、サラサラとした感触の豪華で贅沢なシーツが浮かびました。ホントにホント?ご家族さんも同じく「絹100%のシーツ」を想像しておられるのか、しばし、お互い無言。沈黙のあと、念のためにZさんに確認しました。「あの…絹100%っておっしゃいました?絹ってシルクの絹ですか?」するとZさん、「あーっ、間違えました!絹じゃないです!綿です!綿100%です!」と大あわてで訂正。

いやーん、もう。綿と絹を間違える!?今、すっごいセレブな空想しちゃったよ。みんなで大笑い。絹100%なら私がレンタルしたいです!この打ち合わせが夕方の17時だったものですから、なかなか「シルク100%のシーツ」の映像が頭から離れませんでした。夜眠る時も、「あぁ、シルク100%のシーツをまとってみたい…」と思いながら、クタクタのタオルケットで眠りについた庶民の私です。

【第270回】集団指導(2010年5月26日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク