「社会福祉士たにこが行く」第201回〜

【第294回】医療ソーシャルワーカー(2010年8月2日)

Aさんが入院されている病院には医療ソーシャルワーカーが配置されていません。なので、ご家族さんは、在宅時のケアマネの私にお電話をくださって退院後どうしたら良いか、どのような選択肢があるかなどをお尋ねになります。その労はいといませんが、でも、もし、医療ソーシャルワーカーがいたなら、その人が、退院に伴う不安を受け止めて、情報提供や連絡調整をしてくれるでしょう。

病状のこともあるし、医療についての情報は私よりも詳しいでしょうし、その方がスムーズです。また在宅に戻ってこられることになった時も、ソーシャルワーカーさんが橋渡しをしてくださると安心なのです。医療ソーシャルワーカーがいない場合は、窓口が看護師長さんだったり事務の方だったりと、アクセスしにくいのです。医療ソーシャルワーカーが必置になることを願っています。

【第295回】電車の中で(2010年8月5日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク