「社会福祉士たにこが行く」第201回〜

【第213回】グッドタイミング(2010年1月18日)

認知症で一人暮らしのAさんのところに、月に一度の訪問に伺おうと予定を考えていました。Aさん宅に行く時は、「今から伺っていいですか?」と直前に電話します。前日に電話してもお忘れになりますので。

さて、今月は来週あたりに訪問しようかなとスケジュールを見ながらぼんやり思っていたのですが、ふと「来週じゃなくて、今から行こう」と思いました。理由はないのですが、なんとなく「今、行けるし」という軽い思い付きです。お電話差し上げると、今からOK!早速お伺いすると…。何やら古い電話帳を取り出して困った様子。どうされたのかと訊くと「今日、配達されるはずの薬がまだ来ない。薬局の電話番号を調べている」とのこと。

電話番号は、今までの薬の袋を見ればすぐ判ります。でも確か昨日娘さんが来られていたはずです。娘さんが何かご存知かも。娘さんに訊いてみましょう…と言うまもなく、Aさんは薬局に電話。私はそのかたわらで娘さんに電話。娘さんによると「薬はあさって配達よって、昨日も念を押して伝えて帰ったんですけどねぇ」とのこと。つまり配達は今日ではなくて明日ですね?

Aさんは、そのことはすっかり忘れて、薬局に抗議の電話中。Aさんに電話を代わってもらい、娘さんからAさんに説明してもらいました。私は薬局さんに状況説明。娘さんの説明を聞いたAさんは「いや~。物忘れが最近ひどくて」と言いながらも納得された様子です。私が帰ったあとにまた同じことにならないようにと「薬の配達は明日です」と紙に書いておきました。それにしてもグッドタイミングでした。こういう時、嬉しくなります♪

【第214回】お昼どきの訪問(2010年1月19日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク