「社会福祉士たにこが行く」第151回〜

【第178回】お孫さんの年齢が(2009年10月20日)

利用者Aさんが脳梗塞で倒れた時、娘さんのおなかには赤ちゃんがいました。娘さんは出産とこれからの親ごさんのことを考えると「人生の予定が違ってしまった」と大きなおなかで泣いておられました。

その時のおなかの中にいた子が、3才になりました。つまり、お孫さんの年齢が、介護の期間と同じなのです。Aさん夫婦は、サービスを使いながら在宅で生活されていて、娘さんは離れて暮らしておられます。どうなることかと思った3年前ですが、なんとか落ち着いて、それぞれが生活されています。

Aさん宅で、久しぶりにその3才のお孫さんに会いました。ずいぶん大きくなっていたので、「あの時、おなかの中にいたのにね…」なんてAさん夫妻としみじみしてしまいました。

【第179回】下ごしらえは簡単なのに?(2009年10月22日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク