「社会福祉士たにこが行く」第151回〜

【第173回】帰ってこない(2009年9月24日)

私の担当している利用者Aさんの配偶者さんから、夜の7時に私のケイタイに電話がありました。Aさんが昼前から出かけたまま帰ってこないと言うのです。前日の夜に、配偶者さんが「アンタがいたら自分の自由がない」と言ったらしく、「だからワザと留守にしてるのかも」とおっしゃいます。

もしや夫婦喧嘩!?いや、原因が何であろうと夜になっても帰宅してないことは事実。なんとかしないと。離れて住む子どもさん達は何とおっしゃっているか尋ねると「まだ連絡してない。ケアマネさんに一番に連絡した」とのこと。信頼していただくのはありがたいけれど…まずは子どもさんに連絡して警察に相談するタイミングを考えていただくことにしました。配偶者さんの考えとしては、何かあったらどこかから連絡があるだろうし、まぁ一晩様子を見ようかなという感じです。私は連休中で大阪におらず、電話でのやりとりしかできません。また事態が動いたらご連絡いただくことにしました。

そして4時間後の23時。配偶者さんから「帰ってきました」と電話がありました。良かった…と安心したのもつかの間、電話のそばでAさんがご立腹のご様子です。電話を代わりました。いわく「自分がいたら邪魔のように言われたから留守にしてただけ。それをなぜケアマネに連絡しているのか」とお怒りです(私は連絡を受けただけなんですけど…)。約1時間、興奮気味でお話しをされました。

連休中だから行政はお休みだし、どうしようかと思いましたが、とにかく無事帰宅されて良かったです。

【第174回】ネットワーク(2009年9月30日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク