「社会福祉士たにこが行く」第151回〜

【第168回】よくやってくれている…?(2009年8月28日)

Aさんの息子の妻さんはとってもしっかりした方だそうです。Aさんに必要な(と思われる)サービスも回数もすべて息子の妻さんが決めます。Aさんの担当のケアマネさんは息子の妻さんから、それを聞き、そのままプランに反映させます。食事の時間も、お金の管理も、何もかも息子の妻さんが担っています。

…でも。Aさんは、本当はイヤなのです。すべてを息子の妻に決められるのが、イヤで、つらくて、情けなくて。それを電話で親しい人に訴えるのですが、どうすることもできません。ケアマネさんがAさん本人の気持ちをしっかり聴ければ良いのですが、ケアマネ訪問日時の調整も息子の妻さんがするし、訪問時はもちろん同席しているし、なかなかそれも難しいようです。肝心の息子さんは「自分の妻は、何から何までとてもよくやってくれている」と思っています。

私は、Aさんに直接関わっていないので、もどかしく、せつなく、遠くから見ています。どうしたものかなぁ…。介護の問題って、家族関係の問題であり、それぞれの立場の価値観や優先順位の問題ですね…。

【第169回】待って待って〜(2009年9月8日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク