「社会福祉士たにこが行く」第151回〜

【第160回】住宅改修、イヤな予感が(2009年8月3日)

住宅改修の制度の説明を聞きに来られたAさん。実際の施工は、ずっと以前からAさん宅に関わっておられる大手住宅メーカーに依頼されました(もちろんAさんのご希望で)。

そのメーカーはリフォームもされているので、まぁ、大丈夫かなと思ってはいましたが、でも、途中のやりとりで「あれ?もしかして大きなリフォームはお得意でも、その方のご状態に合わせた細やかなバリアフリーリフォームはお得意でない?制度もあまりご存じない?」と感じる場面が何度かありました。だんだんとイヤな予感がしてきました。

そして完了。やっぱり…と言いましょうか、かゆいところに手が届いていないというか、実際の動線の役に立たないというか…。たしかに図面どおりではありますが。思ったとおり、大きなリフォームはお得意でも、バリアフリーリフォームに関しては「手すりを付けたらバリアフリー」程度の認識だったようです。

うーん、どうしたものかしら…。

【第161回】タイミングが合わない(2009年8月7日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク