「社会福祉士たにこが行く」第151回〜

【第151回】散歩(2009年6月30日)

これまでは、「散歩」のためのヘルパー利用は認めないとの見解でしたが、今年度の府の集団指導で「必要と位置づけられればOK」となりました。これで堂々とケアプランに「散歩」と記載できます。

今日は、週に1度、ヘルパーさんと歩行器を使って「散歩」しているAさんのお宅に伺いました。ヘルパーさんの訪問時間に合わせて行きました。そして、ちょっとだけですけれど、私も「散歩」に同行させてもらいました。いつも道順が決まっているらしく、いろいろ教えてくださいました。なるほどなるほど、この道を歩くのですね。なるほどなるほど、ここで歩行器に座って休憩されるのですね。ヘルパーさんとの息もバッチリあっているようで安心しました。

ご家族によると、生活援助の日は「今日はヘルパーさんキャンセルしようかな…。」とおっしゃることもあるそうですが、「散歩」の日はそのようなことは言われたことがないそうです。
楽しみにされているようで何よりです。この方には「散歩」は必要です。これまでは無理やり「買い物介助」なんて位置づけていたけれど、「散歩」と表現できてスッキリしています。

【第152回】やっと入院したけれど(2009年7月8日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク