「社会福祉士たにこが行く」第101回〜

【第127回】午後3時に夕食(2009年4月4日)

Aさんは昔新聞配達をしていました。その習慣で、70歳になった今でも午後3時に夕食をとり、夕方5時には就寝。そして明け方3時ごろに目覚めます。問題はAさんに認知症の症状があらわれてきたこと。朝の4時から洗濯機を回し、階下から苦情。トイレの場所がわからない。配偶者さんは朝から起こされ、午後2時には夕食の準備にとりかかり、疲労困憊。デイサービス等は生活ペースが崩れるから利用は難しい。ヘルパーさんには来て欲しくない。

どうしようかなぁ…。
せめてもの救いは認知症についてきちんと受診されていること。病院と連携をとりながら考えていきましょう。

【第128回】カギ騒動(2009年4月9日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク