「社会福祉士たにこが行く」第101回〜

【第104回】家族5人が…(2009年2月4日)

普段はお二人暮らしのAさんが、少し状態が悪くなられたので、いつもは離れて暮らしている子どもさん5人が交代で泊まりに来られています。
それは良いのですが、その泊まりに来られた方が、それぞれに気付いたことをお電話くださるのです。
「うーん、それは先日Bさんにお話した時はXでと言われたけれど、CさんはZとおっしゃるのですね…」という具合で、なかなか意思統一ができません。
ご本人さんのお気持ちもまた違うし。

もちろん皆さん悪気はないのですが、やはり価値観とか希望はそれぞれ微妙に違っていて、私の立場ではどうしたものかと思いあぐねています。
一度どこかで全員集合してお話しができれば良いのですけれど、なかなかそれも難しい。
キーパーソンがいない状態ですね…。

【第105回】「助けて下さい」と言ってるのに(2009年2月5日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク