「社会福祉士たにこが行く」第51回〜

【第93回】大阪の商習慣だった!?(2009年1月10日)

会社で銀行振込で支払いをする時、請求書に「手数料は御社でご負担願います」と書かれてない限りは、手数料分を差し引いた金額を振り込む…というのはお互い様の当たり前のことと思っていました。

が、東京ではそんなことしないと聞いてビックリしました。本当!?…ってことは、わざわざ「手数料は御社で…」と書く必要もないわけですね?
「集金に伺うべきところを振り込んでいただくのですから、伺う手間が省けたわけで、その分手数料は当社で負担いたします」というスタンスから発生した商習慣のようです。
商いの大阪らしい考え方なのかな?
大阪といっても、大阪府だけでなく関西圏の商習慣だと思うけど、どのあたりまでの商習慣なのかしら。
九州とか四国とかはどうなのか…東に行って名古屋はどうなのか…気になります。
地域性って、いろんなシーンで現れるものなのですね。

【第94回】重なる時は重なりますね(2009年1月14日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク