「社会福祉士たにこが行く」第51回〜

【第57回】家族もお手上げ(2008年9月24日)

退院後の生活が不安(と周囲はかなり危機感を持っているの)だけれど、本人はなんとかなると思っている方がおられます。
家族も病院のソーシャルワーカーも説得を続けましたが、その方の性格から、転院ではなく退院が決定。
話し合いの中で、本人と家族もかなり激しいやりとりになったみたい。

家族もほとほと疲れたのでしょう。「もう本人にまかせます。今後のことは全て本人と相談してください。
私はもうケアマネさんと連絡をとることはありません。」とおっしゃいます。いやいや、それは困ります。
もちろん日常のことはご本人と相談しますけど、緊急時にはご連絡さしあげますよ。
病院はとにかく退院させれば後は責任ないのかしら?もし「孤独死」とかになったら、それは誰の責任ですか?ケアマネの責任ですか?家族もお手上げのこの状況は、一体どうしたら良いのでしょう…といつもここで堂々巡りの悩みにおちいります。

【第59回】「閉じこもり」と「引きこもり」(2008年10月9日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク