「社会福祉士たにこが行く」第1回〜

【第46回】せせらぎを聞きながら(2008年8月13日)

家族で川遊びをしました。
毎年訪れているお気に入りスポットで、私たち以外は誰もおらず存分に満喫してきました。
誰かが石を積んで川を堰き止めて遊んでいたらしく、それがそのまま残されています。
落ち葉などがとどまってしまい、見た目に美しくありませんでした。
なので、せっせと石を動かして、堰き止められた流れを元に戻しました。スムーズに流れ始めました。

せせらぎを聞きながら思いました。世の中もこれに似ているなと。
情報や作業を誰かがストップさせてしまうと、それがたった一ヶ所でも流れが滞り、不要なものまで溜まってしまう。
それが当たり前になるとその光景にも慣れてしまうかもしれないけれど、再び流れを作るには原因となっている石を取り除かなくてはいけなくて、そうすると一時的には水が濁るんだけど、落ち着けば澄んだ水がまた流れ出す…。
何事も改革には一時的な混乱があるかもしれないけど、それは一時的な水の濁りなのでしょうね。
自分のところでストップさせることなく、物事をスムーズに流していきたいなと感じた川でのひとときでした。

【第47回】禁煙スペースでタバコを吸うグループに(2008年8月14日)については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク