認知症老人の徘徊対策にGPSサービスを利用しています。

【第7回】老老介護における介護する側の意識の持ち方

〜GPSサービスについて

老老介護ということが言われます。GPSサービスを利用する年配の方は、機械の操作などわからないからと最初から投げ出すのではなく、使いこなせるようにしていくという意識を持つことも大切なのではないでしょうか。

年配の方でも、携帯のメールを活発にやりとりして使いこなしているということがありますよね。徘徊していて探さないといけないという緊急の事態のときに、説明書を読むという心の余裕がなくあわててしまい、せっかくのGPSサービスを役に立てることができないということになってしまいますよね。

ですので、事前の準備が大切ということが、私がGPSサービスの操作方法を把握していなかった人の代わりに、祖父を探すことに協力してわかったことです。

【第8回】GPSはどんな感じで使っているのかについては、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク