認知症老人の徘徊対策にGPSサービスを利用しています。

【第1回】対応時間は?電池はどれくらい持つのか

〜GPSサービスについて

24時間対応ともいえますが、電池が持つ限りは対応しているということですね。
万が一、そのGPSの電池(バッテリー)が切れてしまうと使えなくなってしまうというわけです。

ですので、3日に一回ぐらいは充電しておかないと、いざというときに心配になってしまいます。
電池切れを心配します。
おじいさん、おばあさんに忍ばせる、持ってもらう機器のバッテリー残量には気をつけたいものです。
いざというときに役立ってもらわないと、なんにもならないですから。

ココセコムというサービスの場合はフル充電で最大240時間作動するということです。
10日間ということですね。

バッテリーは長期間使用していると、だんだんと持ち時間が減少してきますよね。
みなさんお持ちの携帯電話のバッテリーも購入時よりバッテリーの持ちが悪くなったな〜って思うときがあるんじゃないでしょうか。

バッテリーの残量が、どうもすぐなくなるぐらい古くなれば、新たにバッテリーを1500円(税込)で購入できるそうです。(2010年8月現在)。

【第2回】GPSサービスの操作は難しいのかについては、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク