親ケア奮闘記Part2【闘病編】

【闘病編・第2回】クリニックへの遠い道。

三文芝居。

クリニックに出かけるまでが、また一苦労でした。
「家の中に侵入してくるヤツらに盗られないように」とのことで、母が保険証をどこかに隠してしまっていたからです。
なんとか隠し場所を聞き出そうとしたものの、「二度と保険が使えなくなってしまう!」と言って教えてくれません。

少し考えた私は、ある詭弁を思いつきました。
「母さん、さっき『父さんが死んだ』って言ってたよね」
「そうだ、だから大変なんだ」
「だったら、そもそも父さんの名前の保険証なんて使えないし、 隠してても意味がないんじゃない?」
「……あ。」
「変な書類を持ってて、母さんの心配のタネを増やすのも困るし、俺が手続きしておくよ」
「……そうか。そうしてもらったほうが良いかな」

ここで父が口を挟みます。
「なんでぇ。ワシは死んどらんがや」
「いいから、黙ってろ」
「だって、まだ死にたくないがや」
「うるさい」

ぐずる父をにらみつけ、強引に黙らせた私は、母の顔をのぞき込みながら言いました。
「母さん、俺のこと信じてる?」
「そりゃ、もちろん……」
「俺が母さんのためにならないことすると思う?」
「いや、でも心配だし……」
「信じてくれているのなら、保険証を出してくれないかな」
「わかった……」

どうにか保険証を持ってきた母と、不満げな父を車に乗せると、私は町役場へと車を走らせました。
駐車場に車を停めた私は、両親を車内に待たせたまま町役場の中に入り、3分ほど時間を潰してから戻りました。

「母さん、今、役場で調べてもらったんだけど、この保険証はまだ使えるんだって」
「おぉ、そうか」
「で、いろいろ聞いてきたんだけど、父さんは死んでないみたいだよ」
「……それは本当か?」
「うん。なんかパソコンで調べてくれたんだけどね」
「ウソじゃないのか?」
「うん」
いや、もちろん私の三文芝居なんですが、母はすっかり信じてくれたようでした。

「良かった~、やっぱりワシは生きていたがや」
どうやら父のご機嫌も直った模様。
私は苦笑しながら、「じゃあ、ちょうど良いぐらいの時間になったし、クリニックへ行こうか」と両親に声をかけました。

そっとため息。

津市内にあるクリニックまでは、実家から車で30分弱ぐらい。

助手席に座った母は、緊張からか、なんらかの妄想からか、キョロキョロと落ち着かない様子でした。
そして、誰に聞かせるともなく心配事をつぶやいています。
「家は大丈夫だろうか?」
「家に火を付けて燃やされてしまう」
「エアコンが壊されてしまう」
「庭の芝生に近所の猫がウンコする」

心配な気持ちで注意深く耳を傾けていた私は、思わず笑いそうになりました。
「猫のウンコは、どうでもいいだろ」
「いや、それが何匹もやってきて、臭くてたまらんのだ」
「それって、どこの猫なの?」
「1匹は○○さんのところのだけど、あとはよくわからん」
「俺、あんまり見たことないけど、どんな猫なの?」
「大きな白いのが○○さんのところの猫で、ほかには三毛と……」

どうやら母の注意を、猫関連に引きつけることに成功した私は、内心しめしめと思いながら、適当な質問を挟んでいきました。
このままクリニックまで持ちこたえられるといいなぁ。
そんなことを考えていると、おもむろに父が会話に割り込んできました。

「あの~、すいません」
「ん? どうした父さん?」
「小便がしたいです」
「えっ、家を出るときにしなかったの?」
「本当に出かけると思ってなかったもんで……」
「もう少しだから、クリニックまで我慢して」
「……わかった」

バックミラー越しに、辛そうな父の顔をのぞき見していると、母が心配そうな顔つきで、「いったん、家に帰ったほうが良いんじゃないか?」と言います。
「いや、もう半分以上来ちゃってるし、戻るぐらいならこのまま行ったほうが早いよ」
そう答えながら、私はそっとため息をつきました。

【闘病編・第3回】初めてのクリニック。については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク