親ケア奮闘記Part1【発端編】

【発端編・第7回】盗聴? 盗撮?

夜のホームセンター。

激しく動揺する母の背中をタオルで拭いてやりながら、「大丈夫、大丈夫。誰もやってこないから」
「父さんがちゃんと話してくれないから、少しイラッとしただけ」などと話しかけ、懸命になだめました。
そしてようやく服を着終わった母と入れ替わりに父を入浴させ、今度は母と二人きりで話すことに。

「母さん、その……何者かに狙われるようになったのは、やっぱり夏からなの?」
母をソファーに座らせ、私が話しかけると、「そんなことをうかつに口にするんじゃない! 
 家中に盗聴器と隠しカメラが仕掛けられているのに」と小声で制止してきます。
「ほら、あの壁紙の隙間とか、あのコンセントとか……。お前にはわからんのか?」
「……わかった。近くのホームセンターまで一緒に買い物に行こう」

閉店間際のホームセンターへと母を連れて行った私は、「何をするつもりなんだ?」と
母が不安そうに問いかけるのを無言で制し、壁紙やテープなどを購入しました。

少しでも母を安心させたい……。

自宅に戻った私は努めて明るく母に話しかけました。
「母さん、さっき言ってた盗聴器やカメラ、どこにあるのか教えてくれる?」

母が指さす箇所に対し、購入したばかりの壁紙を切り取り、気になるらしいところを覆い隠すように貼り付けていきます。
風呂から上がってきた父が、その様子を不思議そうに見つめ、何か声をかけたそうにしていましたが、それに応える余裕などありません。
少しでも母の不安材料を取り除き、まともに話し合えるようにしたい一心でした。

0時をまわった頃、ようやく私の作業が一段落しました。
少し納得がいったのか、母の表情も心なしか落ち着いたように見えます。
本当ならすぐにも事情を聞き出したいところでしたが、両親の肉体的な疲れも考え、質問の続きは翌日にすることにしました。

「今日はもう遅いし、俺も風呂に入って寝ることにするわ。ふたりは先に休んでて」
そう声をかけて、脱衣所に移動して服を脱ぐ私のそばから母は離れようとしません。
「どうしたの?」と聞くと、「ゆっくりと風呂に入れ。何が来ても、私がここで守ってやる」とのこと。

こうして入浴した私。浴室の曇りガラスのドアから、母のシルエットが見えます。
浴槽の中で身体を温めながらも、自分の心がどこまでも寒々としているのを感じていました。      

(続く)

【発端編・第8回】ベッドとベッドの間で。については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク