親ケア奮闘記Part1【発端編】

【発端編・第6回】「すいません……」

悲しい夕食。

「病院」という言葉を口にした私に対し、母は恐ろしい形相で拒絶してきました。
なんとか説得を試みたものの抵抗が激しかったので、とりあえず話を打ち切って夕食に向かうことにしました。
その頃には既に日も沈み、冬の夜の寒さが身に沁みました。

お気に入りだった寿司屋に連れて行っても、母の様子は落ち着くことがなく、周囲に対して過剰なまでにビクビクとしています。
「さっきの話の続きだけど……」
食事をとりながら話しかけた私を、
「シーッ! こんなところで声をかけるヤツがあるか!」と一喝。
食べ始めてから10分も経たないうちに、「家が気になって仕方がない。誰かに火を付けられているから」と言い出し、席を立って店を出て行こうとします。

当然ながら、店員や他のお客さんからの注目を集めることになり、猛烈に恥ずかしかったのを覚えています。

「いい加減にしろ!」

実家に戻ってからがまた大変でした。

荒れた室内を可能な範囲で片付け、お風呂を沸かして両親に先に入るように促すと、
「風呂になんか入ったら、おぼれさせられてしまう」と言って、
素直には言うことを聞いてくれません。
長く公園にいて身体が冷えていることだし、ゆっくり温まってほしいだけだと言い聞かせ、どうにか母を入浴させた私は、リビングの片隅でシュンとうなだれている父に声をかけました。

「父さん、どういうことかイチから説明してくれないかな」
「すいません……」
「いや、俺は今、謝ってほしいわけじゃなくて、何が起きたかを知りたいんだけど」
「すいません……」
「だから、謝るんじゃなくて、夏に電話で話したときから、現在に至るまでの……」
「すいません……」
「あのな、謝らなくても……」
「すいません……」

「いい加減にしろ!」
気がついたら父を怒鳴りつけていました。
そして、その声を聞いた母が、全裸でずぶ濡れの姿でリビングに駆けつけ、「やめてくれ、ヤツらに殺される!」と懇願してきたのです。

(続く)

【発端編・第7回】盗聴? 盗撮?については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク