介護の本書評「review-kaigo」 第201回〜

第225回「介護起業」

成熟社会で起業家をめざすなら介護業界!

4344972422

介護起業
杢野暉尚


内容


日本は今、かつてない超高齢化社会を迎えている。65歳以上の高齢者人口は、2014年で3200万人を超えている。2035年には国民の3人に1人が高齢者になると推測されている。そんな成熟した社会で起業家の参入余地として介護市場は魅力的だという。本書では、介護市場の魅力と介護企業で成功するポイントが紹介されている。

書評

介護業界は成熟社会の中で誕生した比較的新しい業界だ。しかしながら、介護業界の市場規模は2000年に3.6兆円だったが、2025年には21兆円にまでふくれあがるというのだ。こうした市場成長性から、介護業界は異業種から熱い視線を向けられている。その証拠に、大手企業が続々と参入している。市場は活況を呈しているのだ。近年は本格的な自由競争の時代に突入し、かつてのIT業界のように若くして成功を掴む商機に満ちたマーケットへと変貌を遂げている。

そのような介護業界で確実にチャンスを掴み、起業を成功させるには,どれだけの資金力と能力が必要なのだろうか。筆者によると、介護起業をするために特別な資金力や能力は一切不要というのだ。介護業界は社会保障システムに保護された超安定業界であり、公的援助も豊富。つまり、若い人材が活躍の場を求めて当たり前のことをコツコツと真面目にやっていくだけで起業に成功する確率が非常に高い業界だと言えるのだ。

本書では、介護業界で起業することもメリットや起業するための方法、そして介護業界で成功するコツが具体的に紹介されている。10人に4人が高齢者の時代が到来することや、介護起業を成功させる15のポイントなど、具体的勝つ分かりやすい起業のヒントが数多くある。ここまで公開していることに、筆者の「一人でも多くの人が介護業界に参入し、日本が世界をリードする社会福祉先進国にしたいという想いを感じずにはいられない。

第226回「私は父の成年後見人です」については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク