介護の本書評「review-kaigo」 第101回〜

第174回「絶対に失敗しない相続の手続き」

4万件の相続現場を見た経験からのアドバイス。

4828304797

事例たっぷり!絶対に失敗しない相続の手続き―相続手続きの実態4万件の現場経験からのアドバイス
相続手続支援センター


内容


『相続』と聞くと、煩わしい、面倒くさい、揉めそう、ややこしいといったマイナスイメージが多いようだ。実際に一生のうちに一度か二度しか経験しないであろう相続。本を読めば読むほど難しく感じてしまいがちだ。本書ではそんな難しく感じる相続をわかりやすく解説している。

書評

ややこしい、面倒と思われる相続。実は手続きは非常に簡単だ。故人の戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本、相続人全員の印鑑証明、この3つを準備する。この3つの「相続セット」を準備した上で、個人名義のものを解約か名義変更を行い、所定用紙解散分割協議書に実印を捺印して提出するだけ。相続の本質はこれだけなのだ。

それなのになぜ、相続は面倒とか大変だと思われるのか。それは1件たりとも同じ相続がないからだという。4万件の相続を見てきた筆者たちでさえ、まったく同じ相続はなかったという。また、社会的に活躍してきた人ほど手続きがたくさん必要というのもあるだろう。どんな相続でも、一つや二つの問題を抱えているケースがほとんどだという。だから『面倒くさい』のだ。

本書では、『特別な事情』がある場合の相続手続きについて、たくさん取り上げられている。これは、机上の空論ではなく、実際に経験してきた生の事例を伝えることで、相続をできるだけ身近に感じて欲しいという筆者たちの想いがある。

本書を一度斜め読みして、自分の家族に該当する部分があるか確認してみるのも良いかもしれない。また、本書では、手続きを進めていく上で陥りやすい間違いや、注意しなければならないこと、知っておくべき情報がまとめられている。

第175回「十年介護」については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク