介護の本書評「review-kaigo」 第101回〜

第157回「介護ヘルパーにたのめること、たのめないこと。」

介護サービスを活用して、みんなが幸せに

4426603781

介護ヘルパーにたのめること、たのめないこと。
松川 竜也 石川 孝子


内容


介護保険サービスの「何を?」「どうすれば?」「いくらぐらいで?」頼めるのか、もし頼めないなら、その場合の解決策は?介護経験がない人が本当に知りたい79項目をぐらい的な事例をもとに解説してくれる。新介護保険法などにも対応している。

書評

介護保険制度が始まて10年以上が経ち、マスコミにも登場する機会が増えた。それでも、一般生活者の間では情報不足が解消したわけではない。介護保険制度を利用検討する際、「なにを?」「どうすれば?」「いくらぐらいで?」依頼できるのか、もしくは依頼できないのか、といった具体的な情報がないために介護保険利用の検討ができないどころか、サービスを受けることすらできないままでいる、といった不幸が跡を絶たない。

介護保険制度は、一般生活者にとって「メニューが表示されないレストラン」の状態がまだまだ続いているのが現状。本書では、現役のケアマネジャーに取材してサービスを必要としている人にとってすぐに役立つ『よくある要望』を厳選している。しかも具体的な事例に落とし込み、Q&A形式で紹介されている。介護ヘルパーに頼めること、頼めないことをやさしく簡潔に解説してくれている。さらに、それぞれのQ&Aが訪問介護サービス、通所サービス、施設サービスといったシチュエーションごとに分類され、探すのもとても簡単。介護について学びたい人にうってつけの一冊だ。

第158回「70歳すぎた親をささえる72の方法」については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク