介護の本書評「review-kaigo」 第101回〜

第135回「老後のお金の新常識」

若いうちから知っておかないと損します!

4821153394

老後のお金の新常識 (ぶんか社文庫)
岩崎 博充


内容


定年後となる60歳以上が国から享受できる制度や助成金について紹介&解説。例えば、「NPOやボランティアが実施する田舎暮らし支援策への助成金額」「リタイア後の海外移住先で最も良いのはタイ。そこで国の助成制度は?」などなど。他にもお金を残すための生活の見直し方法なども伝授。

書評

60歳以上は財産を使い切る、いざとなれば海外生活、あるいは生活保護といった具合に、これまでの発想を変えて老後を生き抜くことをおすすめする一冊。なかなか刺激的な言葉だが、その根本には身体的にも経済的にも動けるうちは、できるだけ動いて社会に還元する努力が必要ということなのだ。それが自分のためでも有り社会のためでもあると。一人ひとりがそういう意識を持って積極的に楽しく老後を過ごす必要があるということを筆者は語っている。

本書では、今後必要になってくる生活のダウンサイジング、見直しの方法なども細かく解説している。「固定資産税、国保を安くするには財産を現金化せよ「年金を全く受けられない人は生活保護を受けやすい地域に引っ越せ」など、こちらもなかなか刺激的だ。だが、若いうちから知っておきたい知識なのも確か。本書の情報があなたの老後を豊かなものにするかもしれない。

第136回「青山流 がんばらない介護テクニック」については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク