介護の本書評「review-kaigo」 第101回〜

第131回「ここが変わった!改正介護保険サービス・しくみ・利用料がわかる本」

2012年4月施行の新介護保険・介護報酬改定に対応。

4426108624

ここが変わった!−改正介護保険 サービス・しくみ・利用料がわかる本
川村匡由


内容


2012年4月に改正された新介護保険の会性ポイントをわかりやすく解説している。また、最後保険で利用できるサービスとその利用料、さらには介護保険のしくみとケアプランについても解説されている。ヘルパーやケアマネジャーはもちろん、看護師や経営者など、介護事業従事者から一般利用者まで幅広く活用できるのがうれしい。

書評

介護保険が施行されてから今年で12年になる。介護報酬の改定は3年ごと、介護保険法の改正は5年ごとに行われ、その負担と給付は賛否両論を巻き起こしながらも、それなりの実績を残しながら着々と国民の間に浸透しつつある。

2009年の政権交代によって、21世紀の少子高齢化社会や人口減少に向けて改正を進めていたが、高齢者の介護対策は待ったなしの状態だ。今回は初めて民主党政権が介護保険に臨んだ。介護報酬の改定や地域包括ケアシステムの基盤強化、介護サービスの種類や新たなしくみなどを追加する内容を盛り込んだ「介護サービスの基盤強化のための介護保険等の一部を改正する法律案」を可決・成立させた。

本書では、第一部で改正された介護保険法の改正ポイントをわかりやすく解説してくれている。また、第二部では介護保険で利用できるサービスを利用料とともに紹介されている。こちらは料金とともに紹介されているのは利用者がチェックするときに大変便利だ。そして、第三部では介護保険のしくみとケアプランについて解説されている。また、巻末には改正前と改正後を比較できる資料もついているので、こちらは介護事業者にとって非常に便利ではないだろうか。こうした点からも、さまざまな立場で介護事業に関わるすべての人に役立つ一冊となっている。

第132回「お父ちゃん、あんたのおかげや 介護の重みは幸せの重み」については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク