介護の本書評「review-kaigo」 第1回〜

第22回「介護保険、介護のお金がわかる本」

(この位置にアマゾンのアフィリエイトリンクを設置。CSSなどを指定する必要があるので、後日デザインが決定次第設置する)

介護のお金の目安がわかれば、漫然とした不安も減少します。

内容

介護が必要になったら、まず頭に浮かぶのは「どうやって介護するのか」と「介護ってどのぐらいお金がかかるのか」の2点だという。本書では、介護に関わるお金のことがわかりやすく解説されているほか、「介護保険」の仕組みについても丁寧に説明されている。

書評

自分や家族に介護が必要になった時、介護費用に関して少しも不安がない人は、まずいないだろう。介護はやる気や愛情だけでは、乗り越えることが困難な壁がたくさんあるからだ。

もちろん来るべき将来の事態に備えて、少しずつ貯金をすることはとても大切だろう。だが、そうした余裕がない場合は、知恵や工夫によって、お金を「ひねり出す」もしくは「支払う金額を安くする」ことが必要だ。そして「安くても満足できる介護」を実現していかなればならない。

本書では、介護保険や介護サービスについて、あえて介護とお金を関連づけて解説している。具体的で身近な問題を解決するのに、きっと本書は非常に役立ってくれるだろう。特に難解な介護保険の解説は非常にわかりやすく説明されている。

第23回「介護-現場からの検証」については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク