要支援(1〜2)と判定されたら

【在宅】訪問型サービスの利用

ホームヘルパーが家事や身体介護をサポート。

従来の「介護予防訪問介護」に相当するサービスで、ホームヘルパーが家庭を訪問して、家事や調理、身体介護を行います。

2017年4月にすべての市区町村で導入された「日常生活・総合支援事業(総合事業)」の一つとして、地域包括支援センターで行う「基本チェックリスト」で一定の条件を満たした人については、要介護認定で「非該当(自立)」と判定された場合でも利用できるようになりました。

細かなサービス内容や料金については市区町村によって異なるので、近くの地域包括支援センターに確認しましょう。

※訪問型サービスは、介護保険のサービスではありません。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク