要介護(1〜5)と判定されたら

【在宅】通所サービスの利用

日帰りで食事や入浴、機能訓練が受けられる。

介護サービスで提供される通所サービスには「通所介護」と「通所リハビリテーション」の2種類があります。どちらも車での送迎によって施設などに行き、食事や入浴、機能訓練などが受けられるものです。

利用にあたっては、ケアマネジャーにケアプランを作成してもらうことが必要で、個人負担額は料金の1割(一定以上の所得があるなど、条件に該当する人は2割)となります。

通所介護(デイサービス)。

通所介護では、デイサービスセンターなどにおいて、日帰りで入浴や食事、日常動作訓練、健康チェックなどをします。希望により、口腔機能向上や栄養改善を受けることも可能です。

また、サービスを行う施設の規模(前年度の月平均利用人数)によって「通常規模型」「大規模型I」「大規模型II」「地域密着型」の4つに分類され、個人負担額が異なります。

通所介護の個人負担額の目安 ※自己負担割合が1割の方

要介護度1
・3時間以上4時間未満……364円/回
・4時間以上5時間未満……382円/回
・5時間以上6時間未満……561円/回
・6時間以上7時間未満……575円/回
・7時間以上8時間未満……648円/回
・8時間以上9時間未満……659円/回

要介護度2
・3時間以上4時間未満……417円/回
・4時間以上5時間未満……438円/回
・5時間以上6時間未満……663円/回
・6時間以上7時間未満……679円/回
・7時間以上8時間未満……765円/回
・8時間以上9時間未満……779円/回

要介護度3
・3時間以上4時間未満……472円/回
・4時間以上5時間未満……495円/回
・5時間以上6時間未満……765円/回
・6時間以上7時間未満……784円/回
・7時間以上8時間未満……887円/回
・8時間以上9時間未満……902円/回

要介護度4
・3時間以上4時間未満……525円/回
・4時間以上5時間未満……551円/回
・5時間以上6時間未満……867円/回
・6時間以上7時間未満……888円/回
・7時間以上8時間未満……1,008円/回
・8時間以上9時間未満……1,026円/回

要介護度5
・3時間以上4時間未満……579円/回
・4時間以上5時間未満……608円/回
・5時間以上6時間未満……969円/回
・6時間以上7時間未満……993円/回
・7時間以上8時間未満……1,130円/回
・8時間以上9時間未満……1,150円/回

※料金はすべて1回あたりのもの。送迎は料金に含む。昼食代は別途必要。
※上記は前年度の月平均利用人数が延べ750人以下の施設で行われる通常規模型の場合。前年度の月平均利用人数が延べ750〜900人以内の施設で行われる大規模型I、前年度の月平均利用人数が延べ900人を超える施設で行われる大規模型IIの場合、1回あたりの利用定員が18人以下の地域密着型の場合は、個人負担額は異なります。
※上記以外にも、施設の体制や利用者の状況(認知症の利用者の割合など)によって、個人負担額は異なります。

※2018年の改定により、外部の専門職や医師が訪問し、共同でアセスメントを行ったり計画を作成することを評価する生活機能向上連携加算(200円/月)が新設されました。

特別な場合に加算される個人負担額の目安 ※自己負担割合が1割の方

内容個人負担額
入浴を行う場合の加算50円/回
口腔機能向上を行う場合の加算150円/回
栄養改善を行う場合の加算150円/回
若年性認知症ケアを行う場合の加算60円/回

※上記以外にも、個別機能訓練を行うなど特別な場合には、個人負担額が加算されます。
※上記以外にも、複数名体制による入浴介助や個別送迎などを利用される場合には、個人負担額が加算されます。

認知症対応型通所介護。

認知症対応型通所介護は、認知症の方を対象としたデイサービスです。グループホームや特別養護老人ホームの共用スペースを利用したり、民家を一軒借り切って、バリアフリーに改造するなどしてサービスを提供している施設もあります。地域密着型サービスなので、原則としてその市の住民のみが利用可能です。

また、サービスを行う施設の形態によって「単独型」「併設型」「共用型」の3つに分類され、個人負担額が異なります。

認知症対応型通所介護の個人負担額の目安 ※自己負担割合が1割の方

要介護度1
・3時間以上4時間未満……540円/回
・4時間以上5時間未満……566円/回
・5時間以上6時間未満……853円/回
・6時間以上7時間未満……875円/回
・7時間以上8時間未満……989円/回
・8時間以上9時間未満……1,021円/回

要介護度2
・3時間以上4時間未満……594円/回
・4時間以上5時間未満……623円/回
・5時間以上6時間未満……945円/回
・6時間以上7時間未満……969円/回
・7時間以上8時間未満……1,097円/回
・8時間以上9時間未満……1,132円/回

要介護度3
・3時間以上4時間未満……650円/回
・4時間以上5時間未満……681円/回
・5時間以上6時間未満……1,035円/回
・6時間以上7時間未満……1,061円/回
・7時間以上8時間未満……1,204円/回
・8時間以上9時間未満……1,242円/回

要介護度4
・3時間以上4時間未満……705円/回
・4時間以上5時間未満……738円/回
・5時間以上6時間未満……1,127円/回
・6時間以上7時間未満……1,156円/回
・7時間以上8時間未満……1,312円/回
・8時間以上9時間未満……1,355円/回

要介護度5
・3時間以上4時間未満……759円/回
・4時間以上5時間未満……795円/回
・5時間以上6時間未満……1,219円/回
・6時間以上7時間未満……1,250円/回
・7時間以上8時間未満……1,420円/回
・8時間以上9時間未満……1,465円/回

※上記は介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などに併設されていない施設で行われる単独型認知症対応型通所介護の場合。介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などに併設されている施設で行われる併設型や、グループホームなどの共用スペースを活用して行われる共用型の場合、個人負担額は異なります。
※送迎は料金に含む。食事代、おむつ代などは別途必要。

※2018年の改定により、外部の専門職や医師が訪問し、共同でアセスメントを行ったり計画を作成することを評価する生活機能向上連携加算が新設されました。従って上記金額に1カ月200円が加算されます。

特別な場合に加算される個人負担額の目安 ※自己負担割合が1割の方

内容個人負担額
入浴を行う場合の加算50円/回
口腔機能向上を行う場合の加算150円/回
栄養改善を行う場合の加算150円/回
若年性認知症ケアを行う場合の加算60円/回

※上記以外にも、個別機能訓練を行うなど特別な場合には、個人負担額が加算されます。

通所リハビリテーション(デイケア)。

介護予防通所リハビリテーションでは、老人保健施設などにおいて、日帰りで入浴や食事、機能訓練などをします。デイサービスと比べ、より機能訓練に狙いを絞ったものとなっており、医師の指示のもと、理学療法士らによるリハビリを受けることが可能です。

また希望により、口腔機能向上や栄養改善を受けることも可能です。サービスを行う施設の規模(月平均利用人数)によって、「通常規模型」「大規模型I」「大規模型II」の3つに分類され、個人負担額が異なります。

通所リハビリテーションの個人負担額の目安 ※自己負担割合が1割の方

要介護度1
・1時間以上2時間未満……331円/回
・2時間以上3時間未満……345円/回
・3時間以上4時間未満……446円/回
・4時間以上5時間未満……511円/回
・5時間以上6時間未満……579円/回
・6時間以上7時間未満……670円/回
・7時間以上8時間未満……716円/回

要介護度2
・1時間以上2時間未満……360円/回
・2時間以上3時間未満……400円/回
・3時間以上4時間未満……523円/回
・4時間以上5時間未満……598円/回
・5時間以上6時間未満……692円/回
・6時間以上7時間未満……801円/回
・7時間以上8時間未満……853円/回

要介護度3
・1時間以上2時間未満……390円/回
・2時間以上3時間未満……457円/回
・3時間以上4時間未満……599円/回
・4時間以上5時間未満……684円/回
・5時間以上6時間未満……803円/回
・6時間以上7時間未満……929円/回
・7時間以上8時間未満……993円/回

要介護度4
・1時間以上2時間未満……419円/回
・2時間以上3時間未満……513円/回
・3時間以上4時間未満……697円/回
・4時間以上5時間未満……795円/回
・5時間以上6時間未満……935円/回
・6時間以上7時間未満……1,081円/回
・7時間以上8時間未満……1,157円/回

要介護度5
・1時間以上2時間未満……450円/回
・2時間以上3時間未満……569円/回
・3時間以上4時間未満……793円/回
・4時間以上5時間未満……905円/回
・5時間以上6時間未満……1,065円/回
・6時間以上7時間未満……1,231円/回
・7時間以上8時間未満……1,317円/回

※料金はすべて1回あたりのもの。送迎は料金に含む。昼食代は別途必要。
※上記は、月平均利用人数が延べ750人以内の施設で行う通常規模型通所リハビリテーションの場合。月平均利用人数が延べ750〜900人以内の施設で行う大規模型I、月平均利用人数が900人を超える施設で行う大規模型IIの場合は、個人負担額が異なります。

※2018年の改定により、リハビリテーションの実施状態に応じてリハビリテーションマネジメント加算I(1カ月につき330円)が加算されます。

また、リハビリテーションマネジメント加算II(当該日から6カ月以内は850円/月、6カ月以降は530円/月)、またはリハビリテーションマネジメント加算III(当該日から6カ月以内は1120円/月、6カ月以降は800円/月)、条件によってリハビリテーションマネジメント加算IV(当該日から6カ月以内は1220円/月、6カ月以降は900円/月)が加算されます。

特別な場合に加算される個人負担額の目安 ※自己負担割合が1割の方

内容個人負担額
入浴を行う場合の加算50円/回
口腔機能向上を行う場合の加算150円/回
栄養改善を行う場合の加算150円/回
若年性認知症ケアを行う場合の加算60円/回

※上記以外にも、短期集中リハビリテーションを行うなど特別な場合には、個人負担額が加算されます。

【在宅】ショートステイの利用については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク